都市ガスにはどのようなデメリットがあるのか

「都市ガス」とは燃料として用いられる気体の一種であり、ガスホルダーや採掘拠点等から広範囲に供給及び販売されているガスのことを指しています。そしてもう一つ、一般的に燃料として用いられる気体があるのです。それは「プロパンガス」と言い、都市ガスとは異なる特徴を持っています。全国の家庭や飲食店などガスを使う場所のほとんどは2つのうち、どちらかを使用しているのです。都市ガスかプロパンガスか、どちらを選ぶかは住宅の場所や契約したガス会社の料金などで決められます。あるいは、それぞれには特徴に基づいたメリットとデメリットによって決められる場合もあります。特にデメリットは気軽に変更できるようなものではありませんが、少なくとも工夫次第によっては改善されるものがほとんどです。

プロパンガスは都市ガスよりも人気がない

プロパンガスのデメリットといえば、都市ガスよりも料金が高いことです。これは常識と化している認識であり、一人暮らしをする際に引っ越し先が都市ガスの住宅を選んで少しでも金銭的な負担を減らそうとすることはよく知られています。それほどプロパンガスは高く、場合によっては2倍の料金になることもあるのです。その理由はプロパンガス容器を設置するという定期的な費用をガス会社が行っているからだと言われています。しかしだからこそ、都市ガスが通っていないところでも使用できるところがメリットです。また火力に強い面もあり、飲食店など強い火力の使用が求められるところでは都市ガスが通っていてもプロパンガスと契約するケースは多いです。そしてプロパンガスの最大のメリットは震災など突然のトラブルでガスの供給がストップしても、復旧が都市ガスと比べて早いということとなります。

都市ガスはデメリットよりもメリットが知られている

一方、都市ガスはデメリットよりもメリットのほうが広く知られています。特に都市ガスの安さは最大のメリットだといえます。ガスの使い方にもよりますが、都市ガスはプロパンガスと比べて半分か3分の2くらいの料金に抑え込むことが可能です。この圧倒的な安さは配管によってガスを半永久的に供給するシステムになっていることが背景になっています。しかし都市ガスのデメリットを挙げるなら、まず火力が弱いことです。プロパンガスと比較すると都市ガスを用いた火力は弱く、調理の時間が長くなってしまいます。そうなってしまうとガスの使用時間も長くなり、結果として家計へ影響が及んでしまうのです。次に挙げられるデメリットは災害から立ち直る時間がかかることです。つまりプロパンガスのメリットと正反対な性質がデメリットということとなります。