都市ガスとプロパンガスどちらを選ぶべきか

家庭で使うエネルギーには電気やガス、灯油などがありますが、その中のガスには、都市ガスとプロパンガスがあります。エネルギーとして使用する用途は変わりませんが、どのような違いがあるのでしょうか。都市ガスとプロパンガスの違いは、配管に違いがあります。都市ガスは、都市ガスの大きなガスタンクから、地下に本管という太いガス管を道路などに埋設し、ガバナという変圧装置を経由して家庭まで配管が繋がっているのです。本管が近くにないと分岐して家庭まで送ることが困難なので、都市ガスが利用できる地域は決まってしまいます。プロパンガスは、ガスボンベを家庭や事業所の片隅に設置して、そこから短い配管を通して利用するので、どの地域でも使用可能です。それでは、この二種類のガスについて述べてみます。

都市ガスとプロパンガスの特徴とガス料金

都市ガスは、成分は天然ガスで元々は無臭ですが、ガス漏れなどの危険があるとき、素早く対処できるように、ガスにわざと臭いを付けています。都市ガスは空気よりも軽いので、ガス漏れがあっても窓を開ければ比較的簡単に外に逃げていきます。プロパンガスは比重が重く、空気の下に溜まる性質があり、ガス漏れのとき床に充満して中々抜けていかないのです。この時、着火原となる換気扇のスイッチを入れたりすると爆発する恐れがあります。内輪であおぐようにしましょう。ガス料金についてですが、都市ガスの方が断然安いです。プロパンガスの業者の設定料金にもよりますが、プロパンガスの方が都市ガスよりも3倍から5倍以上高いのが一般的です。火力はプロパンガスの方が多少強いですが、通常使用なら全く問題ありません。

都市ガスとプロパンガスを用途と地域で選ぶ

二種類のガスのどちらを選ぶかですが、おのずと都市ガス地域でなければ都市ガスを選ぶことはできません。料理に強い火を使う中華料理店などは、その地域であっても火力の強いプロパンガスを使って料理を作る店も稀にありますが、それほどは変わらないようです。経済性から見れば都市ガスが安いので、こだわった用途でなければ都市ガスを使いたいと消費者は思っています。プロパンガスは、ボンベを置く場所も確保しなければならないし、ボンベの容量がなくなれば交換する手間もあるので、人件費もかかり、その経費分が、ガス料金に上乗せされるのです。引っ越しをするときも地域により選ぶガスも限定されるので、引っ越し先を変えられる環境にあるならば、調べてから引っ越し先を決めた方が賢明かもしれません。