賃貸で都市ガス物件を探す方法とは

都市ガスは価格の安さでプロパンガスよりも優れています。都会での生活には便利で、都市ガスを設置している賃貸物件は人気があります。賃貸物件では地域により都市ガスが使われているかどうかが異なります。物件概要でガスコンロ記載されていれば、どちらかのガスを使っていることになります。対象となる地域で都市ガスが敷設されていれば、その物件のガスコンロは都市ガスを使用している可能性が高くなります。プロパンでガス供給を行っている物件はガス代が多く必要となるため、家賃が低めに設定される傾向があります。どうしても都市ガスの使用を望んでいる場合は、ガス管が敷設されている地域の中から物件を選ぶ必要があります。地方の寒冷地では、プロパンでも価格が安めに設定されています。

都市ガスとプロパンガスの相違点

都市ガスはメタンが主成分の天然ガスです。原料は液化天然ガス(LNG)として輸入されています。空気よりも軽いため、ガス漏れがあると天井付近からガスが溜まります。本来は無臭ですが、ガス漏れに気づきやすいように臭いが付けられています。ガス会社との供給契約が必要で、プロパンよりも低価格です。一方、プロパンガスはプロパン・ブタンが主成分のガスです。液化石油ガス(LPG)として輸入されます。空気よりも重いため、ガス漏れの時は下から溜まります。本来は無臭ですが、ガス漏れに気づきやすいように臭いがつけられています。地域の事業者との契約により、供給を受けることができます。都市ガスは元々気体ですが、原産国から日本まで運ぶために、体積の小さい液体にまで冷やされ、日本の受け入れ先で、また、気体に戻されます。

都市ガスとプロパンガスの長所と短所

都会で利用するには都市ガスが便利です。ガスボンベを交換してもらうわずらわしさが無く、価格が安いのも魅力です。都市ガスにも欠点が無い訳ではありません。大地震などの災害時には地中のガス管が破損する場合があり、普及までに時間がかかる場合もあります。人口の集中している地域でないと、採算が取れない面もあります。どんな地方でも供給が可能なのがプロパンガスです。広大な面積の北海道では、プロパンガスが多く使われ、暖房のための燃料となっています。プロパンガスは個別にボンベが設置されるため、災害に強いとされています。ボンベの配達が可能であれば、被災地でも使えることができる利便性があります。都市ガスとプロパンガスは原料の輸入先が異なるため、エネルギーの分散化に役立っています。