都市ガスとプロパンガスの違いとは

人間の生活に、火を欠くことはできません。焼く・煮る・あげるといった料理の基礎は、すべて火にかけることによって成り立ちます。そして体を清潔にして血液の循環を促すお風呂も、水を火で温めることによって可能となります。こうした火力を、より安全に用いるために作られたのが、家庭用ガスです。今や、ほぼ全世帯に行きわたり、重要なライフラインの1つとなっています。そして家庭用ガスには、原料や供給方法の違いによって、2種類に分けられます。それが、都市ガスとプロパンガスです。同じガスとはいうものの、その相違点は少なくありません。その特徴を、ユーザー一人ひとりが正しく把握することで、より適切な使用が可能となります。生活の基盤であるだけに、ガスのことをしっかり学んでいきましょう。

都市ガスとプロパンガスの相違点

家庭用ガスといっても、都市ガスとプロパンガスでは、使っている原料に違いがあります。都市ガスは、天然ガスであるメタンを原料としています。対してプロパンガスは、液化石油ガスであるプロパンやメタンを主成分としているのです。そしてどちらも、大半を輸入に頼っています。そして供給方法としては、都市ガスは水道のように、地下の管を伝って供給されます。それがプロパンガスになると、ガスが詰まったボンベを事業者が屋外に設置することで使用が可能となります。そして都市ガスの事業者は、地域ごとにほぼ統一されていますが、プロパンガスは、より多くの事業者の中から選び出すことになります。そのため、都市ガス事業者は全国に200超といった規模ですが、プロパンガスを扱っている事業所は全国で2万件以上にも上るのです。

ガス事業者を選ぶ際に把握するべきメリット

では、ガス事業者を選ぶときに重要視するべきポイントとは、どのようなものがあるのでしょうか。それは、違いを踏まえた上で、自分に合ったメリットを選び出すことです。都市ガスの利点は、プロパンガスよりも料金が安いことです。これは、原料費に加えて、屋外設置などの人件費がカットされているためです。このため、長期に使う際には都市ガスが有効となります。一方、プロパンガスは都市ガスよりも火力が強く、このため、料理店などはプロパンガスを採用しているところが多くあります。また屋外設置型だけに、災害時の復旧も早いのもメリットです。個人が重視すべきコストというのは、当然ながら差があります。だからこそ、都市ガスとプロパンガスのことをよく学び、賢く活用することが大切といえるのです。

安全快適なガス利用を提供致します。ガスの安全な利用方法の提示やお客様サポートを 京葉ガスショールームの営業はAM10:00からPM18:00まで ガスを使っておいしい料理を楽しくレッスン、東京ガス料理教室!受講費以外の入会費年会費などは不要!お申し込みはこちら エネファームやエコウィルを使おうと思っているあなたへ!京葉ガスだけのお得な料金メニューがございます エコに繋がる都市ガスをチェック